クレジットカードのリボ払いとはどのようなものか

クレジットカードのリボ払いは仕組みを理解して必要なときに利用すれば便利なものですが、使い過ぎる危険性もあるので注意が必要です。
いくつかの払い方がありますが、基本的には毎月一定額が引き落とされるものなので月々の負担を抑えることができるメリットがあります。
ただし、残高が増えていても意識しにくく、払えずに債務整理に陥るケースもあるので計画的な利用を心掛けると良いでしょう。

リボ払いは一定額の引き落としになるためお金に余裕がないときには便利です。
しかし、十分なお金があるときでも金額が変わらないので支払い終わるまでの期間が長期化してしまう恐れがあることにも注意が必要です。
金利は低くはないので長引くほど利息が大きくなるため、余裕があるときには金額の設定を変更するなどして対処することも検討します。

リボ払いの手数料に関してはクレジットカードによって異なっているので、利用する前に確認しないと損することがあります。
例えば利用額が少なく1回の支払いで完済できるときに手数料が発生するものと無料になるものがあるため、少額の利用が多い場合には必ず確認しておいた方が良いです。

クレジットカードによって払い方にも違いがあり、リボ払い専用のものもあるため、通常は一括や分割を利用することを考えている場合に間違えて発行することがないように注意します。
リボ払いはクレジットカードの設定で常にこの支払い方にできるものがありますが、前述のようにお金に余裕があるときに使うのは得になるものではありません。
普段は他の方法を利用して、払うのが難しい場合には後からリボ払いに切り替えることを検討すると安全になります。

なお、クレジットカード会社の視点では長期的に利息で収益を得られるものになるため、利用者を増やすために様々なキャンペーンが行われることがあります。
しかし、必要のないときにキャンペーン目的で利用すると利息や手数料の方が大きくなるので注意が必要です。