クレジットカードを増枠する方法とは

クレジットカードは決められた限度額の範囲内でしか利用できないので、利用枠が不足することがあります。
このようなときに備えて増枠の方法を知っておくと良いでしょう。

手続きの方法は各カード会社によって違いがあるので調べる必要がありますが、基本的には電話をしたりインターネットのマイページから申請を行い、審査に通れば増枠になる仕組みです。
クレジットカードは利用額を後払いするものなので返済能力がないと返せなくなる恐れがあります。
そのため、増枠をする場合にもあらためて審査が行われます。
これまでに遅延を起こすなどの問題を起こしていたり、他のクレジットカードを発行して与信枠に空きがなくなっていれば審査に落ちることがあるので注意が必要です。
この審査では個人信用情報機関の記録の参照もするため、他社で支払いの遅延を起こして異動情報が記載されていたり、転職で収入が下がるなどしていた場合にはカードの利用停止になったり利用枠が減ってしまうこともあります。

審査は与信枠に余裕があった方が良いですが、この基になる収入は簡単に増やすことができません。
そのため、使っていないクレジットカードを解約したり限度額の引き下げを行うなどの対応をして空きを作っておきましょう。
クレジットカードのショッピング枠の場合、カード会社によっては問題を起こさずに利用していれば自動的に利用枠が増えている場合があります。
そのカードしか利用していない場合には便利ですが、他のクレジットカードを発行する際の与信枠に影響が出ることがあるため、確認しておいた方が良いです。
キャッシング枠に関しては勝手に増枠されることはないので、申請が必須になります。

海外旅行に行くなど、一時的に出費が増えるので利用枠が不足するようなケースもあります。
この場合は通常の増枠を行うのではなく、一時的な増枠で申し込みをすることも検討すると良いでしょう。
審査はこちらの方が通りやすくなります。